カマキリの交尾後の共食い、卵の栄養に

交尾の最中や後に、雌のカマキリが雄を捕食する「性的共食い」の習性をめぐり、雄がその死後も、子孫のための栄養となって役立っていることを視覚的に確認したとする研究論文が29日、発表されました。
英学術専門誌「英国王立協会紀要」に発表された研究論文の共同執筆者で、米ニューヨーク州立大学フレドニア校のウィリアム・ブラウン氏は、「性的共食いは、子孫への雄の投資を増強するものだ」と話しました。
ブラウン氏と豪マッコーリー大学のキャサリン・バリー氏は、追跡可能な放射性アミノ酸を投与したコオロギを複数の雄のカマキリに食べさせ、その後、雌のカマキリと交尾させました。
雄の半数は、交尾後に放置して雌に捕食させ、残る半数は、交尾後に雌から離したそうです。
科学者らは、放射性の追跡物質が共食いする雌の体内を通って、卵にたどり着くのを確認し、その大部分は雌によって吸収されず、卵へと届けられていました。
生んだ卵の数にも違いがみられ、パートナーを捕食した雌の方が、捕食しなかった個体と比較してその数が多かったということです。
自然界では、雄のカマキリが交尾の際に雌によって捕食される確率は約13~28%です。

天の川、日本人の7割が見られず

世界の人口の8割以上が街の照明などで夜空が明るくなる「光害」の影響を受けており、約3分の1は「天の川」が肉眼で見られなくなっていることが欧米の研究チームの分析で分かったそうだ。米国民の約8割、日本では約7割が肉眼で見られず、最も深刻なシンガポールではほぼ全土で夕方のように薄明るい夜が続き、自然の夜の暗さを感じなくなっているという。
米科学誌サイエンス・アドバンシズに論文が掲載されたそうだ。研究チームは高解像度の衛星写真を分析し、各国の地域ごとに自然状態の夜空に対し、人口光による「光害」の深刻度を6段階に分類したとのこと。
その結果、天の川が見られない都市部などに住む人口は、世界全体の約3分の1。先進国の割合が高く、米国では約8割、欧州で約6割、日本でも約7割に達したという。最も光害がひどいシンガポールでは、全土で人の目が暗い所に反応する「暗順応」が起きなくなるほどだという。
一方、アフリカ諸国では人口の約6~8割が自然のままの夜空の下で暮らしており、一部の大都市を除いて多くの地域で天の川が見られる状態だったとのこと。
街の光が明るくて星が見えづらいとは感じていたが、世界中でこんなに星空が見られなくなっているとは知らなかった。

国内最高齢ゾウはな子死亡

東京都武蔵野市の井の頭自然文化園で飼育されていた、国内最高齢のゾウ「はな子」が69歳にして死亡した。死因は老衰とみられている。
今年の誕生月に体調を崩し、落ち着いてきた矢先の出来事だった。同園では現在、ゾウ舎の前に献花台を設けている。
昨日午前8時半、出勤した飼育員がゾウ舎に行くといつも立っているはな子は倒れているのを見つけた。体重で内臓に負担がかからないように、ロープで寝返りを打たせようとしても動かず、同日3時に死亡が確認された。前日は落ち着いた様子で、体調にも変わりはなかったという。
はな子は1949年、戦後最初のゾウとして、タイから来日し上野動物園で飼育されていた。井の頭自然文化園には1954年に転園し、2013年に国内最高齢の66歳のゾウとなった。
童話「かわいそうなぞう」のモデルの「花子」の名前を受けついだ「はな子」。日本で一番愛されたぞうだった。

楽天、泥沼の8連敗

かつて、リーグ優勝をした楽天の姿はそこになかった。
楽天が5月25日のセブドームで行われた西武戦で0-7で完封負けを喫しました。
この結果、楽天は泥沼の8連敗となってしまいました。
先発の川井が序盤で崩れて、4回5安打5失点とすると、打線は2回1死三塁、6回1死二、三塁、8回1死一となり、二塁とチャンスで一本が出ませんでした。
8連敗中は、合計63失点と投壊状態が続いています。投手陣の早急な整備が求められています。

訪日客に人気の観光地は?

訪日外国人旅行客の”お気に入り”観光スポットは富士山、USJ、ディズニーなど。ITベンチャーなど2社が、外国人尾SNSへの投稿約28万件を解析し、観光スポットの人気ランキングを公開したそうだ。投稿には有名観光地を絶賛する書き込みが相次いでいるほか、道路に過ぎない「渋谷スクランブル交差点」が注目スポットとして浮上。法人外国人の嗜好の一端を示す興味深い調査結果になっているという。
上位には富士山、USJ、ディズニー、清水寺…と日本人の間でもおなじみのスポットが勢ぞろい。特に富士山は「美しい、言いようのない素晴らしさ」「太陽が輝いている、マウント富士」などと画像付きでつぶやかれており、雄大な自然美を称賛する気持ちは世界共通であることが見て取れる。
20位までにランクインしているスポットを見てみると、東京タワーや六本木ヒルズなどランドマーク的建築物、親子で楽しめるテーマパーク、京都の神社仏閣などが目立って人気のようだ。
そんな中、様々な国籍の人からまんべんなく書き込みがあり、いわば”万国共通”の人気を集めたのが「渋谷スクランブル交差点」だそうだ。投稿では、「渋谷交差点の狂気」「世界で最も忙しい交差点」「斜め横断」などと書かれ、交差点をバックにした自撮り写真付きの投稿も。もはや”観光地”と化しているのだ。
日本人から見れば単なる交差点でも、多い時で3千人が一斉に道路を渡り切る様子が珍しいそうだ。一部のツアー・ルートにも組み込まれ、付近ではしばしば自撮り棒を持って撮影を楽しむ外国人の姿が見られる。
また、雪になじみのない外国人らの人気を集める北海道限定の観光スポットも調査された。興味深いところでは「映画の『チャーリーとチョコレート工場』を連想させる」として「白い恋人パーク」が注目を集めたとのこと。
確かに、「こんなところで?」と思うような場所で外国人旅行客が自撮りをしたり、熱心に写真を撮っている姿を見かけることがある。日本人には”普通”の光景でも、外国人の目には不思議に映るのだろう…。

サルも花粉症になる

3月も半ば、冬の寒さが徐々になくなりいよいよ春らしい陽気になってきた。同時に花粉症に悩まされる時期でもある。
実は、花粉症に苦しんでいるのは人間だけではない、兵庫県の淡路島モンキーパークの約250匹のうち約20匹が花粉症だそうだ。
センター長の延原利和さんが、サルたちの花粉症の症状を確認している。妻久美さんの観察帳には、メスザルのマンデーは先月から花粉症の症状がみられ、目を痒がってかくしぐさをしているとある。
延原利和さんは「申(さる)年なのに、マンデーにとっては2カ月ほどつらい時期が続く。かわいそう」と話した。
哺乳類なら花粉症になるのだろうか。サルは生態が人に近いため、花粉がおさまるまで一緒に頑張っていきたいところだ。

SKE珠理奈、中谷美紀の高校時代役

SKE48の松井珠理奈がTBS系の4月期の連続ドラマ、金曜日・午後10時放送の「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです」で、主演の中谷美紀が演じる、橘みやびの高校時代役を演じることが3月2日分かりました。
39歳独身でプライドが高い、中谷美紀演じる、医師のみやびが、藤木直人演じる、日本料理店の毒舌店主と出会い、実はモテない女だと突き付けられる物語になっています。
珠理奈は、回想シーンに登場します。
高校時代のみやびは、才色兼備で校内のマドンナ的存在でした。バスケットボール部の同級生の桜井に恋心を抱いて、意を決し、告白を試みます。連続ドラマ初出演となる、珠理奈。どんな演技を見せてくれるか楽しみですね。

ピラミッド付近で木造船発見

エジプトの考古省が1日、首都カイロの南に位置するアブシールのピラミッド群付近で、チェコの考古学チームが約4500年前の葬儀用の船を発見したと発表した。
マスタバと呼ばれる古代の墓の発掘作業を行っていた同チームのメンバーらが、砂に埋もれ土の上に置かれていた全長18メートルの一部を発見したそうだ。
同チームを率いるミロスラフ・バルタ氏は声明で、「これは非常に希少な発見だ。これほどの大きな船を建造できるのは、当時、王族など社会の頂点にいる人々に限られていた」と述べ、遺跡がマスタバの南側の壁付近で発掘されたことは、「墓の所有者が非常に高い地位にあった」ことを示していると指摘。
この船を慎重に発掘して記録することは、古代エジプトの船や埋葬の儀式における船の位置づけについての我々の理解に大きく貢献するだろうと述べたという。
この墓の持ち主は一体どんな人物だったのだろうか?エジプトにはまだまだ謎が隠されていそうだ。

55年ぶりに鎌倉大仏の掃除

神奈川の観光名所のひとつである鎌倉大仏の状態調査と清掃作業が行われている。このため一般参拝客は、3月10日まで拝観不可能となるという。大仏の清掃作業などは55年ぶりだそうだ。文化財保護のスペシャリスト6人が、約500年間にわたり風雨にさらされ続けている汚れやサビを手作業で落とす。
前回の大修理では、免震のための工事と首回りを補強した、50年後の2011年に再び補修される予定だったが、東日本大震災のために延期になり、5年後の今年の実施となった。
今回の総工費は約6500万円。担当の東京文化財研究所保存修復科学センターによると、13日から2週間ほどかけて現在の状態を詳細にチェックするという。雨水による影響のほか、亀裂・サビの進行などの損傷を、最先端技術を駆使して調べ、今後定期メンテナンスに使用するデータをとって清掃作業に移るそうだ。
大仏は、高さが1.35メートルあり、手作業での清掃は困難とされた。大仏本尊の高徳院が年2回高圧放水での洗浄をしているが、今回は周囲に足場を組み、シートで覆って清掃するのでより繊細緻密な手作業での清掃作業が可能になった。
6人の職員は、水とアルコールをまぜた液体を塗布して汚れなどをひとつひとつ研磨して落とす。関係者は、「もちろんぴかぴかにはなりませんが、きれいになったねというところまではしたいです」と話した。
作業が終わるまでは、拝観休止なので、商店への客入りの影響が懸念される。商店スタッフは、「大仏様が綺麗になったと話題になれば、さらに多くのお客様に来ていただけると思いますので」と再開後に期待しているという。
日本に大仏は数多くあるが、鎌倉の大仏はなかでも有名なので清掃後の様子が気になるところだ。

寝る直前までスマホを使ってると不眠症になる?

20~30代の半数以上が、終身直前までスマートフォンなどの携帯端末を使い、そのうち約7割で不眠症の疑いがあることが分かったそうだ。若者の「スマホ依存」が睡眠に影響していることを示しており、専門家も警鐘を鳴らしている。
味の素は今年8月にインターネット調査を実施、20~70代の男女計1200人から回答を得た。就寝時のスマホやタブレットの利用状況を聞いた質問では、34%にあたる412人が「終身直前まで利用している」と回答。年代別では、20代が59%、30代が57%と半数を超えた。そのうち20~30代の67%が、寝つきや日中の眠気など8つの質問からなる国際的な不眠尺度で「不眠症の疑い」に該当したという。
寝る前についついスマホをいじってしまうという人も多いと思うが、よく眠れない、眠っても疲れが取れないという人は少し就寝前にスマホを見るのは控えた方が良いかもしれない。