寝る直前までスマホを使ってると不眠症になる?

20~30代の半数以上が、終身直前までスマートフォンなどの携帯端末を使い、そのうち約7割で不眠症の疑いがあることが分かったそうだ。若者の「スマホ依存」が睡眠に影響していることを示しており、専門家も警鐘を鳴らしている。
味の素は今年8月にインターネット調査を実施、20~70代の男女計1200人から回答を得た。就寝時のスマホやタブレットの利用状況を聞いた質問では、34%にあたる412人が「終身直前まで利用している」と回答。年代別では、20代が59%、30代が57%と半数を超えた。そのうち20~30代の67%が、寝つきや日中の眠気など8つの質問からなる国際的な不眠尺度で「不眠症の疑い」に該当したという。
寝る前についついスマホをいじってしまうという人も多いと思うが、よく眠れない、眠っても疲れが取れないという人は少し就寝前にスマホを見るのは控えた方が良いかもしれない。