ミャオ族

ミャオ族(苗族)(miáozú) は、中国の国内に多く居住する民族集団で、同系統の言語を話す人々は、タイ、ミャンマー、ラオス、ベトナムなどの山岳地帯に住んでいる。中国では55の少数民族の一つである。

しかし、中国の総人口は12億4000万人(2000年統計)で、漢族(約11億3000万人)が圧倒的多数を占め、少数民族といっても1億1000万人の人口があり、相対的な少数である。ミャオ族の総人口は894万116人に達し、中国の少数民族としては、チワン族(約1617万人)、満州族(1068万人)、回族(981万人)に次ぎ四番目である。居住地域別人口は多い順番に並べると、貴州省(429万9954人)、湖南省(192万1495人)、雲南省(104万3535人)、重慶市(50万2421人)、広西チワン族自治区(46万2956人)、湖北省(21万4266人)、四川省(14万7526)、広東省(12万606人)、海南省(6万1264人)、浙江省(5万3418人)、江蘇省(2万2246人)、福建省(2万2065人)などである。

山間盆地や斜面に集落を営む山地民である。焼畑を営んで陸稲や畑作物を作って移動を繰り返してきた人々と、棚田を巧妙に作って水稲稲作を行う定着した人々がいる。