0球勝利

日本のプロ野球ではまだありませんが、アメリカ大リーグでは2003年5月1日に、ボルチモア・オリオールズのB.J.ライアン投手(現トロント・ブルージェイズ)が対デトロイト・タイガース戦で0球勝利を記録しています。

日本でも、対戦打者0人での勝利、というケースは2つありますが、この違いも結構複雑ですね。

珍記録と言えば、最近振り逃げでのサヨナラ勝ちがありました。

1994年にイチローが達成して以来の珍事だそうです。