楽天、泥沼の8連敗

かつて、リーグ優勝をした楽天の姿はそこになかった。
楽天が5月25日のセブドームで行われた西武戦で0-7で完封負けを喫しました。
この結果、楽天は泥沼の8連敗となってしまいました。
先発の川井が序盤で崩れて、4回5安打5失点とすると、打線は2回1死三塁、6回1死二、三塁、8回1死一となり、二塁とチャンスで一本が出ませんでした。
8連敗中は、合計63失点と投壊状態が続いています。投手陣の早急な整備が求められています。